私たちの取り組み

医療法人元気が湧くは、医療事業と文化事業を展開しております。

私たち“医療法人元気が湧く”は、「こどもの歯科」「Kid’s歯科とび」「こども歯科もとやま」の3つの小児歯科医院と、市民開放型の絵本と図鑑だけの図書館「絵本と図鑑の親子ライブラリー ビブリオ」を共同で運営しています。このような医療事業と文化事業を展開することで、私たちは、子どもたちのココロとカラダの健康のために「歯科医療文化」を創造していきたいと考えております。

  • 医療事業
  • 文化事業

医療事業

『歯は育てましょう』がメイン・コンセプト。

私たちは、子どもたちの成長に合わせ定期健診を“歯は育てましょう”の考え方に基づき行っています。子どもたちの歯は、お母様のお腹にいる頃から育ち、生後5ヶ月後には小さな白い歯が顔を出します。そして、2歳半頃には20本の乳歯が出そろい、その下では、もう永久歯が育てられています。さらに、6歳になる頃には下の前歯が生え換わり、6歳臼歯が顔を出す頃から永久歯への生え変わりが始まります。18歳くらいには永久歯の歯並びが完成します。このように忙しく働くこの時期の歯は、定期的に見守ってあげなければ丈夫な歯は育てられません。

定期的な健診では、むし歯の予防にフッ素を塗ることができ効果的です。そして、早い時期からむし歯治療に対処でき、乳歯の歯並びから永久歯のきれいな歯並びを育てることができるのです。むし歯や歯並びの治療だけではありません。 私たちは育児支援も大切な医療事業と考えています。それは、人は皆、食べることから生きることを学びます。ですから、私たちの医療事業は、子どもたちのココロとカラダの健康を育むために妊娠中の女性のお口の健康管理に始まり、乳幼児の食事や育児支援まで、むし歯の治療の他にも重要な仕事がたくさんあるのです。

こどもの歯科
福岡市南区大橋3-2-1大橋プラザ2F
TEL 092-551-8080
Kid’s歯科とび
福岡市城南区鳥飼5-2-30凱旋門ビル1F
TEL 092-821-8080
こども歯科もとやま
福岡県筑紫郡那珂川町中原4-39
TEL 092-951-5116

文化事業

子どもの歯科治療は大切な
文化的仕事であると考えています。

子どもの歯科医療は、治療の技術的なことだけではないのです。私たちは、お口の健康がココロとカラダを育てるお手伝いをするのですが、子どもの歯科治療は大切な文化的な仕事であると考えています。「歯は育てましょう」をコンセプトとして、子どもを一人の人格と認めることができるような「子どもの歯科医療体系」を創造することなのです。

その本質は、「子どもの権利」を認め、行動することから始まります。そこに「歯科医療文化」の考え方が生まれます。そして、私たちの行動基準は子どもたちの文化に軸足をおいています。『医療文化』の出発点は、子どもとの接点をたくさん持つことと考えます。そのため、私たちの医療では「ぬいぐるみ」「木製玩具」「絵本」の3つのアイテムを診療室に取り入れています。そして『こどもの歯科医療における絵本の重要性』を強く感じているのです。

絵本と図鑑の図書館は、治療を受けている子どもたちに元気を与えてくれ、絵本には、人と人との絆を作り上げる潜在力があると、私たちは診療室で子どもたちから教えられました。子どもたちの歯科医療における絵本と図鑑の可能性を形にしたもの、それが絵本と図鑑の親子ライブラリー「ビブリオ」なのです。

絵本と図鑑の親子ライブラリー
ビブリオ ビブリオキッズ・ベイビー・ラボ

福岡市南区大橋3-2-1大橋プラザ2F TEL 092-557-3272

pagetop